先日、みなとみらいへ行ったときに通りかかった本屋さんの外のウィンドウに、クリスマス関連x猫関連の絵本がずらっと並んでいました。

 

最近、ネコ流行ってるよね。。。

 

そして目に留まったのがこのタイトル

『おくりものはナンニモナイ』

The Gift of Nothing

Nothingをナンニモナイという名詞に訳すとは、どんな翻訳家!!と思ったら、谷川俊太郎大先生でした。

Nothingとかnoneとかnoで始まる文とか、訳しにくいったらありゃしないんですが、なんとすっきり♪

 

これは!と思い、店に入って立ち読みしましたが、数日経ってもまだ心が暖かかったので、昨日買ってきました。

 

 


 

ネコキチとしてちょっと残念だったのは「ナンニモニャイ」じゃなかったことですね=^^=

Leave a Reply

*

Twitter
Yoko 最新著書