人生初の南半球の旅から、あっという間に半年が経ってしまいました。

お世話になった友人家族と隣人の方にお礼のプレゼントを送ったのも、つい10日ほど前・・・。私ったらなんたる人でなし(‘_’)

 

というわけで、今更ですが、南半球体験記の完結編。いよいよ食べ物です。日本にはあらゆる地域の食べ物があると思っていましたが、ニュージーランドやオーストラリア独特の食べ物はいまだかつて遭遇したことがありませんでした・・・。

空港へ迎えに来ていただき、「スシを買ってあるから家で食べよう」ということで、早速ごちそうになりました。

 

スシ・・・(笑)



お魚はサーモンですが、一緒に入っている緑のものは・・・アボカド・・・さらに、クリームチーズやらマンゴーやら、カリフォルニアロールもびっくりなお寿司でございました。

この他に、てりやきチキンの握りズシもいただきました。そっちは普通に美味しかったです。照り焼きチキンおにぎりな感じ。

 

さて、夕食はホストファザーがホテルでごちそうしてくださる、とのことで、お言葉に甘えました。小さいけれど落ち着いたホテルで、ニュージーランド独特の料理しかないので、メニューを見ても英語なのにさっぱり(笑)。一気に自信を失いました。

 



 

そこで、お父さんお薦めの(お父さんとPeterさんも同じものを注文しました)ラムシャンク。子羊さんのすね肉の煮込みです。

とてもテンダーで味付けもよく、おいしかったのですが、いかんせん量が(T_T)。付け合わせはインゲンとクマラ。

クマラは、ほとんどサツマイモと同じです。マッシュポテトとスライスしてカリカリに上げたチップスと2種類が入っていました。非常においしかったですが、これまた量が・・・(笑)。

子羊さんごめんなさい、と思ったけど、お腹が破裂しそうで残してしまいましたm..m

 

さて翌日。朝ご飯はトーストと、ニュージーランド特産のバターと蜂蜜。どちらも味が濃厚で美味しかったです。バターをお土産に持って帰れればと思ったけど、冷蔵できないので断念。

この日は Sale yard を見学し、近くの公園で行われていた Farmers’ Market でランチ。ベイクドポテトにチリビーンズとサワークリームのトッピングです。なんと・・・完食してしまいました^0^/



 

さすがに夕食はお腹がすかないから軽くすませよう、ということでタイ料理のレストランへ。ニュージーランドはアジアやポリネシアからの移民が多いので、タイ、ベトナム、カンボジア、ポリネシアなど、あらゆるエスニック料理のお店が小さな町にもあります。

このタイ風焼きそばがまた絶品で、時間があればこのお店でまた食べたかったです。



 

ニュージーランドではコーヒーと言えばラテのようで・・・最初に入ったカフェで “Coffee, please.” と言ったら、ラテかカプチーノか聞かれました(笑)。

というわけで、それ以来、注文するときは “Latte, please.” で通しました。

そして必ずラテアート。何軒かのお店で、このシダのデザインを見ました。ニュージーランドの国の葉っぱがシダなんです。



 

ニュージーランド独特のもう一つの食べ物は、なんと名前を忘れてしまいましたorz

ジャガイモに野菜を混ぜて焼いた、お焼きみたいなものなんですが、ご存知の方、教えてください・・・。



あちこちのカフェで見かけて食べましたが、写真はこれしかなかったです。食べかけ失礼(笑)。

アメリカと違い、野菜不足にならなくてとても良かったです。



そうそう、これもニュージーランドにしかないもの。Feijoaという果物ですが、冬の果物なので生は見ることができず、ジュースやキャンディだけ賞味しました。酸っぱ苦くて、かぼすみたいな感じかな・・・。これは、アップルと混ぜたジュースでした。

 

こちらはオークランドのミュージアムカフェのランチメニュー。



パニーニサンドもあちこちで見かけました。パンはイタリアンですが、中身は茹でた野菜とチーズがメインとてもヘルシー。酪農・牧畜の国だけあって、サワークリームがとてもおいしかったです。

 

ところ変わってオーストラリア。こちらも酪農・牧畜の国ですが、メルボルンはタスマニア料理が一風変わってました。

・・・大変無知で失礼なことでしたが、タスマニアって人が住んで産業もあるんですね・・・次に行ったらぜひ訪れてみたいです。

というわけで、今回一番気に入ったのはタスマニアビール。



オーストラリア最初の晩にホテルのレストランでいただきました。ついついお代わり^^

おつまみはこちらのサラダ。ソーセージとチキンとチーズ、そしてチコリみたいな葉っぱ・・・そう、ほんとに牧草みたいでした・・・。



すごい量!と思ったけど、適度な塩加減がワインやビールにぴったりで、ついつい完食x.x

2日目の夕飯はメルボルン在住の翻訳者さんと、ダウンタウンのタスマニアレストランでいただきました。

こちらはポークとイチジクのロースト。不思議な取り合わせと思ったけど、あまりにおいしくて二人でうなりました。



もう一皿は・・・ああ、言うのがためらわれる・・・ウサギの・・・たぶん足・・・美味しかったんですけどね・・・



それにしても、生野菜が牧草みたいなのしか出て来なくて・・・ニュージーランドの方が農作物取れないはずなのに、生野菜も温野菜も豊富でした。食文化の違いなのかしら。

 

日本から見るとオーストラリアとニュージーランドって似たような国かと思ってましたが、食文化も人々も全然違うように思いました。これってまさに、欧米が日中韓を混同してるのと同じことなんだなぁ、と改めて実感した旅でした。

 

またぜひ訪れてみたいです♪ みなさん色々お世話になりました。 THANK YOU!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

*

Twitter
Yoko 最新著書