久しぶりにあのヤバい感じがやってきました。

まあ、強行軍だった旅の疲れと帰国後にいきなり忙しかったからだとは思うんですが、我ながら情けなし**;
自分メモも兼ねて、旅行記は後回しで先にこちらのエントリーを書いておくことにします。
何しろ、腰痛はわれわれ座りっぱなし民族の典型的な職業病ですから。。。

<金曜夜>
ふくらはぎとくるぶしの間のエリアに違和感。
↑↑↑↑↑↑
これがぎっくり腰ちょっと前の前兆です!

自分でもみほぐし、ついでに柔軟体操もして寝ました。特に痛みはなし。普段はここで止まります。

<土曜朝>
起きようとしたとき尾てい骨付近にこわばり。靴下がはけない!
立位体前屈(膝を伸ばして立った状態で前屈)が、普段は床に手のひらぺったりつけるのに、膝も届かない。
↑↑↑↑↑↑
これがぎっくり腰直前の前兆です!


その後、四苦八苦して着替え、朝一の出張レッスンへ。車の運転はなんとかなりましたが、教室の椅子にじっと座っていることができず、もぞもぞ。。。

痛い箇所が腰だけでなく、両脚の付け根〜太ももに拡がってくる。
            ↑↑↑↑↑↑
            座骨神経痛の反射点です。
 

帰りの運転はアクセルとブレーキの踏み替えも脚の付け根が痛くて泣きそうでした。

<土曜午後>
帰宅後急いで昼食を食べて午後一のレッスン。これが最悪でした。
すでに腰を90度に曲げて座っていられないところまで来ていましたが、仕方ないので脂汗をかきながらがんばりました。
ちょっと脚やお尻を動かしても、尾てい骨にピキーんと激痛が走ります(汗)

急いでネットで区内で土曜の午後に診療している整骨院、接骨院を探す。
↑↑↑↑↑↑
この初動が大事です。ここで止めればギックリいきません。


幸い1軒見つけて、軽いマッサージ(周辺を揉みほぐし)、電気あんま、超音波で炎症対応をしてもらいました。
診断は第5腰椎付近の炎症とのこと。ここは、若いときに腰を痛めた人が弱いところだそうです。
はい、たしかに27歳くらいのときに全く動けなくなるぎっくり腰をやりました(泣)。

帰宅後も脚の反射点の痛みはまったくおさまっていなかったので、自分でグアシャ(かっさ)でマッサージ

いつもセラピーで使っていただく漢方アロマオイルを購入してあったので、それでお尻、脚の付け根、太もも、膝の周辺、ふくらはぎ〜くるぶしを真っ赤になるまでマッサージしました。
↑↑↑↑↑↑
グアシャ(かっさ)じゃなくても、何か堅いへらのようなもので、潤滑剤になるものを塗ってこすればとりあえずは良いかと


最初の脚は座っているのもきついので、マッサージも叫びながらでしたが、だんだん落ち着いてきて、両脚終わるころには、反射点の痛みはなくなりました。

残りは尾てい骨(第5腰椎)。。。こればっかりは、炎症しているとのことでどうにもならず、座っていられないし、立ったり座ったりもきつので、面接やレッスン以外はほとんどゴロゴロして週末をすごしました。

ただいま月曜日の朝ですが、立位体前屈が、床に指先が届くところまで回復!
今日はパソコンでする仕事が溜まっている上、レッスンも2つあるので休み休みがんばります。。。


Leave a Reply

*

Twitter
Yoko 最新著書