Archive for the ‘社長日記’ Category

2017年は、私たちが支援している福島県浪江町にとって、大きな転機となる年でした。

2011年3月11日の東日本大震災・津波・原発事故で三重被害にあった浪江町ですが、海側の市街地は除染とおおかたのインフラ復旧が進み、2017年3月31日から「帰還困難区域」をのぞいて、住民の帰還が始まりました。

浪江町って、名前は知ってるけど・・・という方はこちら

すぐわかる浪江町

町のホームページを見ると、2017年12月末現在の帰還住民は482人だそうです。このうち、ほとんどが役場や消防の職員さんと高齢者です。

役場の敷地にできた「なみえマルシェ」のお店の方に聞くと、ようやく、のんびり犬の散歩をしてるおじいちゃん、とか普通の町みたいな光景も見えるようになってきたのが、唯一の良いニュース、とか。

 

それは人間の話。

 

昨年末、12月28日に浪江町の「おやじさん」こと、赤間さんの犬猫シェルターへお邪魔しました。お手伝いで伺うのは7月以来だったので、猫のメンバーがだいぶ変わっていました。

朝日新聞のSippoに赤間さんのことが掲載されました。



こちらは古株のみなさん。赤間さんが震災前に経営していた会社の事務所にいまして、キャビネットもFAXもコピー機もキャットタワーやキャットウォークに。。。

 

うちでも昨年は子猫+ママ合わせて8匹預かりましたが、全国のボランティアさんや保護団体などが同じように里親を探すために預かって行ってくださり、また直接里子に出る子もいて、おかげで新たに保護された子たちの居場所ができていました。

また、浪江には動物病院がないので、継続的な治療の必要な子も預かりさん宅へ移動しました。

 

けど・・・

つい最近保護された猫たちの中に、明らかに最近まで人間に飼われていた、きれいで肉付きもよく、慣れた子が数匹いるのです。



この方、昨年12月に赤間さんシェルターの近くで保護されました。人間の足に手をかけて、「お膝に乗るから座りにゃさい!」といって、強制的にお膝に乗ってきます。

 

浪江町民のほとんどが、県内外で避難生活を送っています。帰還準備や元住んでいた家の管理などで一時帰宅する際に、飼いきれなくなった犬や猫を捨てていくのだと考えられます。



三毛、長毛、シャム系が多いですね。。。お腹出すくせにモフると怒る方。

 

そうかと思うと、帰還してから赤間さんのシェルターに猫をもらいに来た方もいらっしゃる。

 

さて。

浪江町にはスーパーもホームセンターもありません。2軒のローソン(1つは17時まで、1つは20時までオープン)、週4〜5日しかやってないマルシェのレストランとカフェ4店舗とお土産屋さん、あと居酒屋が1つ?くらいしかお店もありません。診療所は役場の中なので、役場が開いてるときしか医療もありません。

一番近い町は、約20km北にある南相馬市の原町。浪江と原町の間にある小高区は最近まで避難地区だったので、やはりまだ住民が少なく生活インフラはないのです。

通販があるじゃない!と言われるかもしれませんが、浪江町に配達してくれるのは、ヤマト運輸と日本郵便だけです。ヤマトの運賃値上げ以降、格安の通販ショップは最近ほとんど佐川か福山なので、さらに不便になってしまいました。

(けど、ヤマトだけは震災直後からずっと浪江へ配達してくれてるので、賃上げに文句は言いますまい)

しかも、帰還が始まるまでは光熱費が無料だったのですが、帰還開始後は普通に料金が発生するようになり、赤間さんのシェルター運営に支障をきたしています。

赤間さんは犬猫の世話をするために原発の仕事はやめてしまい、帰還準備期間の2016年秋から浪江に1人で住んでいます。ご家族は避難先の郡山にいます。いわば単身赴任。

郡山から通っていた頃は、補償金がありましたが、それもすべて浪江へ通うためのガソリン代に消えてしまっていたそうです。いまは「通勤」はありませんが、郡山のご家族と離れて暮らすため生活費は余計にかかります。

*****

それともう1人、東京在住でほぼ毎週日曜日に原発のすぐ近くまで行って猫の給餌や保護活動をしている個人ボラMさんも、保護してきて里子に出せないような猫たちの医療費に窮していました。

*****

そんなわけで、昨年後半は、シェルター運営や犬猫の医療費を寄付したいと思い、浪江へは行かず、募金活動や各種イベントでのチャリティグッズ販売を集中しておこないました。



昨年6月から12月までに集まった募金や売り上げをお渡ししました。ご協力くださったみなさんに心から感謝いたします!

<赤間さんへ>

M田様のご紹介でお振込いただいた募金から、キャットフード、ドッグフード、口内炎用のサプリメント、衛生用品など、合計18,786円分

現金:合計86,600円

(内訳)

M田様個人 15,000円

U野様個人 20,000円

K玉様(里親さん)個人 5,000円

黒猫探偵社(イベントでグッズ販売&募金) 12,000円

ジャパン・ケンネルクラブ ドッグショーでの募金とグッズ販売 24,600円

おひさまハウス(BBQでのグッズ販売&募金) 10,000円

 

<個人ボラMさんへ>

個人の方々からの募金を預かって購入したキャットフード 合計6,200円

現金:31,010円

(内訳)

黒猫探偵社(イベントでグッズ販売&募金) 17,000円

おひさまハウス(BBQでのグッズ販売&募金) 10,000円

おひさまハウス玄関の募金箱 4,010円

 

なお、M田様のご紹介でお振込いただいた募金の残りは、12/28の浪江訪問時に、体調不良のためお預かりしたてまりちゃんの医療費として使わせていただきました(が、足りません**;)。



てまりちゃんのことはまた改めて。

 

普段は悪いことしか流れないニュースも、東北の復興についてはむしろ、大げさなくらい良いことしか見せません。

でも実際は、特に原発周辺地域は、復興にはまだまだ遠く、6年間野生動物の世界だったところに、再び人間が侵略してくる、というような状態です。

イノシシ(イノブタ)、サル、タヌキ、ハクビシン、アライグマ、カラス・・・彼らは人間がいなくなった町でのびのび暮らしていましたが、人間が戻ってくると邪魔者扱いになります。山は高線量のため人は戻りませんが、人の手が入らず荒れた山には餌が少ないのではないかと思います。

強制避難で置き去りにされ、繁殖してしまった猫たちは、野生動物にいじめられ、人間からは害獣扱いされています。そのため、まだまだ保護活動は続きます。



👆引き続きご支援をよろしくお願いいたします。👆

今月・来月はチャリティイベントが目白押しです。

 

【販売と募金のご報告】

11月4日(土)-5日(日) 千葉市で行われたドッグショーで物販と募金活動をさせていただきました。

物販 10,500円

募金 20,800円

物販売上(一部材料費を除く)と募金を、福島・浪江町の「おやじさん」に寄付させていただきます。

 

ドッグショーと保護犬猫、というまったく正反対の内容でしたが、トップキャラクター様、千葉西ボストンテリアクラブ様、JKC様のご協力で、気持ちよく活動させていただきました。ありがとうございました。

販売をしてくれたM田さん、募金をしてくれたO富さん、遠くからありがとうございましたm..m



11月12日(日) おひさまハウスBBQ

物販 6,300円

募金 13,000円

物販売上(一部材料費を除く)と募金を、半分ずつ「おやじさん」と、東京から毎週のように原発近辺に通って猫の給餌&レスキューをしている「個人ボラMさん」に寄付させていただきます。

それから、「おやじさん」からお預かりしている子猫たちへのフード差し入れもいただきました。

こちらも販売と募金集めはO富さん、K田さん、M田さんにご協力いただきました。

ご協力くださったみなさま、ありがとうございましたm..m



 

物販や募金は、お金を集めるだけでなく、

福島原発の被災地は、日常を取り戻すには程遠い状態である

ということ知っていただくための機会でもあります。

ポスターを見てお話しを聞いてくださった方、チラシを受け取ってくださった方、募金をくださった方、そして商品を買ってくださった方、ありがとうございました。

 

【今後の活動の告知】

11/25(土)立川・玉川上水の「ステッチマルシェ」

黒猫探偵社で出店します。プラ板のワークショップとチャリティグッズの販売です。

黒猫探偵社のヒデゴンさんには、おひさまハウスの英会話アプリ(B2B販売のみなので、興味のある方はお問い合わせください)のキャラや、ホームページ用キャラ(ただいま新HP作成中!)を描いていただいてます。

おひさまハウスの営業部長 スモオ



シティリビングのゆるキャラ「にゃすみん」ちゃんもヒデゴンさんの作品ですよ🐱

プラ板楽しいよ!!遊びに来てくださいね。

 

12/16(土)にゃんこまつり @ハウスクエア

譲渡会に「おやじさん」からお預かりしている子猫3匹とママにゃんが参加させていただきます。

また、会場では、福島原発被災地域での犬猫保護の現状などの写真展や報告会もあります。

ぜひおいでください!



 

 

前置きから1ヶ月半も経ってしまいましたm..m

 

Welcomeわんこ

水木先生はいつも美術館にいらっしゃるわけではありません。ホームページをお持ちでないので、訪れた方のブログなどを拝読すると、アポを取ってお会いになれた方、偶然お会いになれた方、お会いになれなかった方。。。などなど。

でも今回は、何度も美術館を訪れて水木先生と懇意にしていらっしゃる今西先生に連れていっていただいたので、アポありでお目に掛かることができました。

水木先生は、とても小柄で優しそうな方でした。エプロンをされて、普通のお母さん、という感じ。

そして、スリッパのようなサンダルのような・・・を履いておられます。

私が見てるのがバレたか(笑)脱いで見せてくださると、なんとボロボロ。

「もう7年履いてるのよ。でもまだまだ大丈夫だから」

困っている人に何でもあげてしまわれ、ご自身はもう使えなくなるまで大事に使っておられるのでした。そういえば、お洋服も40年前の流行のような。

ちょっと角が擦れて来た財布を買い換えようと物色していた自分が恥ずしくなりました。ギリギリまで頑張ってもらいましょう。

それだけでも2時間かけてやってきた価値があった、と思える第1印象でした。

 

地球母さん

今西先生の一行、ということで、お忙しい中時間を割いてくださり、美術館で絵に囲まれながら2時間ほど、美術館を作った経緯やコンセプト、ご自身のこと、社会の心配事などお話しくださいました。

他にご夫妻がいらしたのですが、ご近所に引っ越してこられたばかりとか。うらやましい!!そして、初めて来たのに先生にお会いになれて、感無量な表情で握手をされていました。

 

先生は「地球母さん」と呼ばれていまして、『初めまして息子よ』という人間のお母さんとしてのご本も出版されています。

地球母さんとして、様々な問題を抱えながら今の地球上に住む人類をとても心配され、「花」を通じて世界をもっと住みよいところにするために、この美術館を作ってくださったのだとおっしゃいます。

地球母さんの詩(先生の許可で掲載されているページをリンクしてます)、もともとは、地球を「お母さん」と呼んで人間が汚してごめんなさい、という内容です。

ですが、ご自身で稼いだお金、募金、いただいたもの、持っているもの、時間や体力・・・すべてを困っている人のために費やしてこられた功績を天に認められ、地球母さんとしてのご使命を天から下されたのだそうです。

庭の花

先生自らが銀河を模してデザインした美術館のお庭には、季節ごとに様々な花が咲くようにお手入れされています。ガーデニングも先生自ら。

 

あらゆる命は「花」から始まった

確かにその通りで、花が咲いて実をつけ、その種が育って次の世代につながります。また、私たちが食べるのも、実や、種から育った茎や葉です。

女性は花そのものです。

それで、先生は花の絵を通じて

全ての女性が心の中に可愛らしい花を咲かせられるように

一人一人が花のように輝けるように

というメッセージを伝えておられるのです。

 

前回書きました

 

地球上から貧困や暴力をなくすための、究極のお知恵

 

それは、命の根源である花(=女性)が美しく咲き誇る(=活躍する)ことで、立派な実(=子供)が育ち貧困や暴力の無用な世界になる、ということなのです。

 

貧困や暴力は、真心のこもった教育が行き届かないところに蔓延します。お金があってもダメなのです。支配するための教育、お金を儲けるための教育、自分のためだけの教育は、むしろ子供をダメにします。

自分の子供だけでなく、教育者にもその責任はありますね。

先生は「この美術館は、女性にもっと活躍してほしくて作ったのよ」とおっしゃいました。

 

美術館には先生のお描きになった花の絵やメッセージの詩とともに、ローズクオーツがたくさん飾られています。先生がお求めになったものだけでなく、いろいろな方から贈られた石もたくさんありました。

 

ローズクオーツ、紅水晶は愛と癒しを象徴するパワーストーン。まさにこの美術館のメッセージにぴったりです。

全体に淡いピンクの光が放たれて、満開の桜の中にいるような晴れやかな気分すらします。

 

梁の白木、先生の水彩画の花々、さまざまなパワーストーン、そして先生の詩。

 

女性に勇気と力を与えてくれる「花の美術館を訪れると

(フェミニストの男性もOKです)

きっと心の片隅にある悩み事が軽くなります。

久しぶりの更新です。

5月6月は本筋の本業(翻訳)以外のことで忙しく、翻訳関係の方には大変ご迷惑をおかけしています(m..m)

お詫びの印、と言ってはなんですが、先週お休みをいただいて日帰りで山梨へ行って来たときのことをお伝えしたいと思います。

壺とリス

地球上から貧困や暴力をなくすための、究極のお知恵をいただきました。

きっかけは、十数年来お世話になっている女性起業家の大先輩であり、最近では翻訳やHP作成のお仕事もいただいている今西先生からいただいた1冊の詩画集と1枚のハンカチ。

詩画集

ハンカチ

先生には、ビジネスや健康増進体操だけでなく、スピリチュアルなことも教えていただいています。そんな関係で、昨年、先生がふとしたきっかけて訪れた山梨県は小淵沢にある「水木鈴木花の美術館」のお土産をいただきました。

 

ハンカチは、まさに私の好きな色の素敵な組み合わせ。写真は一部ですが、開くと日光のようなオレンジのグラデーションと、ブルーの縁取りもあります。

布もとても薄くて柔らかく、手触りの良いハンカチでした。

 

でもそれだけではなく、痛いところに当てると痛みがす〜っと取れる、とおっしゃるのです。

ちょっと半信半疑でしたけど(笑)なにせ綺麗なハンカチなので、ありがたくいただきました。

 

帰宅後、高校生のときにバスケで痛めた右膝が久しぶりにうずき、力が入らなくなってきました。そこで、このハンカチを巻いてみたのです。

 

すると、あら不思議。

 

私は、突き指や捻挫や腱鞘炎で中学生のころから接骨院の常連です。こういう症状のときは、透明のゼリーを塗られ、超音波の機械を渡されて患部を自分でなでなですると、なぜか悪い部分だけがじわーっと熱くなる感覚をよく知っています。

 

その、じわっーっと熱い感覚が、ハンカチを当てた膝の、まさに古傷がうずく部分に伝わって来たのです。

 

うっそだ〜(笑)

 

ところが、ハンカチを外すとその熱い感覚がなくなるので、再度巻いてみました。

また、じわ〜っ。

そのまま巻いて寝ましたら、朝には膝の痛みが治まっていました。

 

詩画集は、季節の花々の絵と、それぞれの花のメッセージや感謝をつづった優しい詩を集めたものです。

これまた大好きな水彩画。花だけでなく、背景の色合いも素敵なのです。

ハンカチの原画である「なのはな」も掲載されていました。

 

それで、今西先生がまたいらっしゃるというので、原画をぜひ見たいと思い、一緒に連れて行ってもらいました。

 

あら、前置きだけでずいぶん長くなってしまいましたので、肝心の、訪問記はまた今度(笑)

 

紫陽花

詩画集「不思議な絵本 幸福あげます」より「紫陽花」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年1回くらい、おひさまハウスの玄関にある募金箱の集計をしています。

a%c2%8b%c2%9fe%c2%87%c2%91c%c2%b1


去年〜今年にかけて、いろんな猫をお預かりして里子に出しましたが、募金箱はその経費に使わせていただくことにしたいと思い、11月ごろチラっと覗いたところ、野口英世先生のお顔がちらほら見えたものですから

里親会に使う小ケージを買おう!!

と思いつきました。

募金箱の合計(2016年2月〜12月)  6,938円

<購入品>
商品名:折りたたみケージ OKE-450 シルバー/ブラウン
【冬のボーナスセール!12月2日(金)AM10時まで★】
個数:2
単価:¥3,218
金額:¥6,436
————————————————————————
商品金額合計:¥6,436

ae%c2%8a%c2%98a%c2%82%c2%8aa%c2%81%c2%9fa%c2%81%c2%9fa%c2%81a%c2%82%c2%b1a%c2%83%c2%bca%c2%82%c2%b8

502円残りますので、大晦日に浪江へ給餌&お預かりに行くときの餌代に使わせていただきますm..m

ちなみにこの小ケージ、去る12/10に近所の中川ハウスクエアで行われた「にゃん・こらぼ」のイベントの福島猫里親会で使わせていただき、この2台に入って参加した2匹とも、見事すてきな里親さんが決まりました。

a%c2%82%c2%b7a%c2%83a%c2%83a%c2%83ina%c2%82%c2%b1a%c2%83%c2%bca%c2%82%c2%b8

幸先がいいので、Lucky 1号、Lucky 2号と名付けて大事に使います!

この2匹は、福島県浪江町にあるおやじさんシェルターからやってきました。福島原発から15kmほどのところにあるシェルターには、住民の帰還準備で「害獣」扱いされる猫の保護が増えているため(以前はほとんど餌場にリリースしていました)里親募集中の子がたくさんいます。

こちらのチラシはほんの一例。
a%c2%81aa%c2%81a%c2%81%c2%88c%c2%8ce%c2%87%c2%8ce%c2%a6aa%c2%8b%c2%9fe%c2%9b%c2%86a%c2%81a%c2%82%c2%89a%c2%81%c2%97201611c%c2%94%c2%a8final_rev

人のいないところで生まれ育ったのに、なぜか人に懐いている子が多いのです。

猫は「イエネコ」という品種の動物です。人間がいないと生きていけないことを、本能的に知っているんでしょうね。。。


これからも応援よろしくお願いします!
おひさまハウスへお立ち寄りの際は、ぜひ「オザキクロ」の募金箱にチャリ〜ン(ピラリ〜ン歓迎!!)とご遠慮なく(笑)投入してくださいませ=^o^=


これはヤバイ!(いろんな意味のヤバイ)


袋がニャンコなだけじゃなく、応募するとウチノコがキャンディになってしまうかもしれないらしい!!!!

味覚糖さんのプレスリリースに、「昨今の猫ブームに・・・」と書いてある開けっぴろげな感じもいい(笑)。

さっそくAmazonでポチりましたとも。

a%c2%82%c2%a8a%c2%83a%c2%81a%c2%82%c2%83a%c2%82%c2%93a%c2%81%c2%93a%c2%81%c2%a6a%c2%82%c2%93

おひさまハウスのドイツ語講師Annette先生と私で執筆いたしました
『単語でかんたん 旅行ドイツ語会話』J-リサーチ様より発売になりました!!



レイアウトや構成は、他の言語とほぼ同じです。

シチュエーションごとになっていますので、指差し会話にも最適!ドイツ語圏でご旅行の際はぜひご利用ください

おひさまハウスの玄関には「オザキクロ」という名前の募金箱型ネコがおります。

札を支えているのは、ヒデゴンさんが作ってくれたいっちゃん型カードホルダー。

donation

たまに来客が小銭を入れてくださるので、今日集計してみました。

 

2,689円

 

塵も積もれば山となる、っていうことわざは、タンスの裏だけではありませんね。

 

そして、先日イベントのチラシに掲載した「毛布とバスタオル募集」にもたくさんのご協力をいただき、敷き毛布とバスタオルでダンボール3箱分、ドッグフード1箱、他に、小型犬用のクレートと室内用トイレもいただきました。

 

本当は全部まとめて浪江町内のシェルターへ運んでもらう予定だったのですが、予定が延期になってしまったため、本日毛布1箱(寒いうちに!)とドッグフードだけクロネコさんから発送しました。

浪江町はまだ全体が居住制限区域で、道路は開通していますが人が住めません。それでもクロネコさんだけ荷物をちゃんと届けてくださるそうです。

荷物の写真を撮り忘れたのが大失態でしたOrz

 

というわけで、領収書だけ。

送料2,408円を募金から出させていただきました。

receipt

物資と募金のご協力をくださったみなさま、ありがとうございました!

おひさまハウスでは、玄関にこんな募金箱を置いております。

ま、一目瞭然、猫様用募金なのですが、「福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト」に募金する目的で置いたまま、放ったらかしにしていました(>.<)

 

募金箱

先日、オザキクロ(白い猫型募金箱)をのぞいてみたら、千円札が2枚も入ってまして、他に小銭もたくさんあったので、シェルターで柔らかいご飯しか食べられない子たちのためにご飯を買って寄付してまいりました。

ちなみに、いっちゃん型クリップはヒデゴンさんの作品です。

 

募金額合計:¥4,845(2012年ごろから2014年末まで)

寄付物資:キャットフード(12/7 1,842円、12/20 4,527円)

差額は自己負担です。

 

レッスンやイベントでいらした方が少しずつ入れてくださったお金で、口内炎などのため普通のドライフードが食べられない子に介護食やおやつスープを買ってあげることができました。ご協力ありがとうございました。

 

なお、今後、募金箱に入れていただいたお金でキャットフードを調達し、飯舘村や浪江町での給餌活動に寄付させていただきます。

浪江給餌こちらは、昨年10月に、浪江町内帰宅困難区域に一時帰宅する被災者の方に同行させていただいて、給餌してきたときの様子です。

右側の納屋の隣にえさ箱があり、ここに猫たち(や他の動物)が食事にやってきます。こういうえさ箱が避難地域に数十個設置されており、また、これ以外にも定期的な給餌で残された動物たちの命をつないでいるボランティアの方がいます。

引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

会社年賀状20152015年がいよいよ明けました。

 

暮れの押し詰まった時期の強行選挙で、権力者は政治、法制、経済etc.を自分たちの思うがままにコントロールしようとしていることが明らかになりました。

 

そんな中での新年。

 

弊社のような超零細企業は、システムの中では切り捨てられそうになっています。

 

厳しい状況が続きますが、おひさまハウスは多くの翻訳者、チェッカー、コーディネーター、そして細々ながら16年続いている語学教室の先生や生徒さん、留学生を守って行かなければなりません。

私たちが提供できるのは高い品質と満足だけです。それを支える報酬と職務環境を与えてくださるのはお客様です。ご理解くださるみなさまのおかげでなんとか生き延びております。

応援してくださるみなさま、ありがとうございます。スタッフ一同心よりお礼申し上げます。

今年もおひさまハウスをよろしくお願いいたします。

Twitter
Yoko 最新著書