Archive for the ‘福島避難地域動物保護’ Category

2017年は、私たちが支援している福島県浪江町にとって、大きな転機となる年でした。

2011年3月11日の東日本大震災・津波・原発事故で三重被害にあった浪江町ですが、海側の市街地は除染とおおかたのインフラ復旧が進み、2017年3月31日から「帰還困難区域」をのぞいて、住民の帰還が始まりました。

浪江町って、名前は知ってるけど・・・という方はこちら

すぐわかる浪江町

町のホームページを見ると、2017年12月末現在の帰還住民は482人だそうです。このうち、ほとんどが役場や消防の職員さんと高齢者です。

役場の敷地にできた「なみえマルシェ」のお店の方に聞くと、ようやく、のんびり犬の散歩をしてるおじいちゃん、とか普通の町みたいな光景も見えるようになってきたのが、唯一の良いニュース、とか。

 

それは人間の話。

 

昨年末、12月28日に浪江町の「おやじさん」こと、赤間さんの犬猫シェルターへお邪魔しました。お手伝いで伺うのは7月以来だったので、猫のメンバーがだいぶ変わっていました。

朝日新聞のSippoに赤間さんのことが掲載されました。



こちらは古株のみなさん。赤間さんが震災前に経営していた会社の事務所にいまして、キャビネットもFAXもコピー機もキャットタワーやキャットウォークに。。。

 

うちでも昨年は子猫+ママ合わせて8匹預かりましたが、全国のボランティアさんや保護団体などが同じように里親を探すために預かって行ってくださり、また直接里子に出る子もいて、おかげで新たに保護された子たちの居場所ができていました。

また、浪江には動物病院がないので、継続的な治療の必要な子も預かりさん宅へ移動しました。

 

けど・・・

つい最近保護された猫たちの中に、明らかに最近まで人間に飼われていた、きれいで肉付きもよく、慣れた子が数匹いるのです。



この方、昨年12月に赤間さんシェルターの近くで保護されました。人間の足に手をかけて、「お膝に乗るから座りにゃさい!」といって、強制的にお膝に乗ってきます。

 

浪江町民のほとんどが、県内外で避難生活を送っています。帰還準備や元住んでいた家の管理などで一時帰宅する際に、飼いきれなくなった犬や猫を捨てていくのだと考えられます。



三毛、長毛、シャム系が多いですね。。。お腹出すくせにモフると怒る方。

 

そうかと思うと、帰還してから赤間さんのシェルターに猫をもらいに来た方もいらっしゃる。

 

さて。

浪江町にはスーパーもホームセンターもありません。2軒のローソン(1つは17時まで、1つは20時までオープン)、週4〜5日しかやってないマルシェのレストランとカフェ4店舗とお土産屋さん、あと居酒屋が1つ?くらいしかお店もありません。診療所は役場の中なので、役場が開いてるときしか医療もありません。

一番近い町は、約20km北にある南相馬市の原町。浪江と原町の間にある小高区は最近まで避難地区だったので、やはりまだ住民が少なく生活インフラはないのです。

通販があるじゃない!と言われるかもしれませんが、浪江町に配達してくれるのは、ヤマト運輸と日本郵便だけです。ヤマトの運賃値上げ以降、格安の通販ショップは最近ほとんど佐川か福山なので、さらに不便になってしまいました。

(けど、ヤマトだけは震災直後からずっと浪江へ配達してくれてるので、賃上げに文句は言いますまい)

しかも、帰還が始まるまでは光熱費が無料だったのですが、帰還開始後は普通に料金が発生するようになり、赤間さんのシェルター運営に支障をきたしています。

赤間さんは犬猫の世話をするために原発の仕事はやめてしまい、帰還準備期間の2016年秋から浪江に1人で住んでいます。ご家族は避難先の郡山にいます。いわば単身赴任。

郡山から通っていた頃は、補償金がありましたが、それもすべて浪江へ通うためのガソリン代に消えてしまっていたそうです。いまは「通勤」はありませんが、郡山のご家族と離れて暮らすため生活費は余計にかかります。

*****

それともう1人、東京在住でほぼ毎週日曜日に原発のすぐ近くまで行って猫の給餌や保護活動をしている個人ボラMさんも、保護してきて里子に出せないような猫たちの医療費に窮していました。

*****

そんなわけで、昨年後半は、シェルター運営や犬猫の医療費を寄付したいと思い、浪江へは行かず、募金活動や各種イベントでのチャリティグッズ販売を集中しておこないました。



昨年6月から12月までに集まった募金や売り上げをお渡ししました。ご協力くださったみなさんに心から感謝いたします!

<赤間さんへ>

M田様のご紹介でお振込いただいた募金から、キャットフード、ドッグフード、口内炎用のサプリメント、衛生用品など、合計18,786円分

現金:合計86,600円

(内訳)

M田様個人 15,000円

U野様個人 20,000円

K玉様(里親さん)個人 5,000円

黒猫探偵社(イベントでグッズ販売&募金) 12,000円

ジャパン・ケンネルクラブ ドッグショーでの募金とグッズ販売 24,600円

おひさまハウス(BBQでのグッズ販売&募金) 10,000円

 

<個人ボラMさんへ>

個人の方々からの募金を預かって購入したキャットフード 合計6,200円

現金:31,010円

(内訳)

黒猫探偵社(イベントでグッズ販売&募金) 17,000円

おひさまハウス(BBQでのグッズ販売&募金) 10,000円

おひさまハウス玄関の募金箱 4,010円

 

なお、M田様のご紹介でお振込いただいた募金の残りは、12/28の浪江訪問時に、体調不良のためお預かりしたてまりちゃんの医療費として使わせていただきました(が、足りません**;)。



てまりちゃんのことはまた改めて。

 

普段は悪いことしか流れないニュースも、東北の復興についてはむしろ、大げさなくらい良いことしか見せません。

でも実際は、特に原発周辺地域は、復興にはまだまだ遠く、6年間野生動物の世界だったところに、再び人間が侵略してくる、というような状態です。

イノシシ(イノブタ)、サル、タヌキ、ハクビシン、アライグマ、カラス・・・彼らは人間がいなくなった町でのびのび暮らしていましたが、人間が戻ってくると邪魔者扱いになります。山は高線量のため人は戻りませんが、人の手が入らず荒れた山には餌が少ないのではないかと思います。

強制避難で置き去りにされ、繁殖してしまった猫たちは、野生動物にいじめられ、人間からは害獣扱いされています。そのため、まだまだ保護活動は続きます。



👆引き続きご支援をよろしくお願いいたします。👆

今月・来月はチャリティイベントが目白押しです。

 

【販売と募金のご報告】

11月4日(土)-5日(日) 千葉市で行われたドッグショーで物販と募金活動をさせていただきました。

物販 10,500円

募金 20,800円

物販売上(一部材料費を除く)と募金を、福島・浪江町の「おやじさん」に寄付させていただきます。

 

ドッグショーと保護犬猫、というまったく正反対の内容でしたが、トップキャラクター様、千葉西ボストンテリアクラブ様、JKC様のご協力で、気持ちよく活動させていただきました。ありがとうございました。

販売をしてくれたM田さん、募金をしてくれたO富さん、遠くからありがとうございましたm..m



11月12日(日) おひさまハウスBBQ

物販 6,300円

募金 13,000円

物販売上(一部材料費を除く)と募金を、半分ずつ「おやじさん」と、東京から毎週のように原発近辺に通って猫の給餌&レスキューをしている「個人ボラMさん」に寄付させていただきます。

それから、「おやじさん」からお預かりしている子猫たちへのフード差し入れもいただきました。

こちらも販売と募金集めはO富さん、K田さん、M田さんにご協力いただきました。

ご協力くださったみなさま、ありがとうございましたm..m



 

物販や募金は、お金を集めるだけでなく、

福島原発の被災地は、日常を取り戻すには程遠い状態である

ということ知っていただくための機会でもあります。

ポスターを見てお話しを聞いてくださった方、チラシを受け取ってくださった方、募金をくださった方、そして商品を買ってくださった方、ありがとうございました。

 

【今後の活動の告知】

11/25(土)立川・玉川上水の「ステッチマルシェ」

黒猫探偵社で出店します。プラ板のワークショップとチャリティグッズの販売です。

黒猫探偵社のヒデゴンさんには、おひさまハウスの英会話アプリ(B2B販売のみなので、興味のある方はお問い合わせください)のキャラや、ホームページ用キャラ(ただいま新HP作成中!)を描いていただいてます。

おひさまハウスの営業部長 スモオ



シティリビングのゆるキャラ「にゃすみん」ちゃんもヒデゴンさんの作品ですよ🐱

プラ板楽しいよ!!遊びに来てくださいね。

 

12/16(土)にゃんこまつり @ハウスクエア

譲渡会に「おやじさん」からお預かりしている子猫3匹とママにゃんが参加させていただきます。

また、会場では、福島原発被災地域での犬猫保護の現状などの写真展や報告会もあります。

ぜひおいでください!



 

 

毎年1回くらい、おひさまハウスの玄関にある募金箱の集計をしています。

a%c2%8b%c2%9fe%c2%87%c2%91c%c2%b1


去年〜今年にかけて、いろんな猫をお預かりして里子に出しましたが、募金箱はその経費に使わせていただくことにしたいと思い、11月ごろチラっと覗いたところ、野口英世先生のお顔がちらほら見えたものですから

里親会に使う小ケージを買おう!!

と思いつきました。

募金箱の合計(2016年2月〜12月)  6,938円

<購入品>
商品名:折りたたみケージ OKE-450 シルバー/ブラウン
【冬のボーナスセール!12月2日(金)AM10時まで★】
個数:2
単価:¥3,218
金額:¥6,436
————————————————————————
商品金額合計:¥6,436

ae%c2%8a%c2%98a%c2%82%c2%8aa%c2%81%c2%9fa%c2%81%c2%9fa%c2%81a%c2%82%c2%b1a%c2%83%c2%bca%c2%82%c2%b8

502円残りますので、大晦日に浪江へ給餌&お預かりに行くときの餌代に使わせていただきますm..m

ちなみにこの小ケージ、去る12/10に近所の中川ハウスクエアで行われた「にゃん・こらぼ」のイベントの福島猫里親会で使わせていただき、この2台に入って参加した2匹とも、見事すてきな里親さんが決まりました。

a%c2%82%c2%b7a%c2%83a%c2%83a%c2%83ina%c2%82%c2%b1a%c2%83%c2%bca%c2%82%c2%b8

幸先がいいので、Lucky 1号、Lucky 2号と名付けて大事に使います!

この2匹は、福島県浪江町にあるおやじさんシェルターからやってきました。福島原発から15kmほどのところにあるシェルターには、住民の帰還準備で「害獣」扱いされる猫の保護が増えているため(以前はほとんど餌場にリリースしていました)里親募集中の子がたくさんいます。

こちらのチラシはほんの一例。
a%c2%81aa%c2%81a%c2%81%c2%88c%c2%8ce%c2%87%c2%8ce%c2%a6aa%c2%8b%c2%9fe%c2%9b%c2%86a%c2%81a%c2%82%c2%89a%c2%81%c2%97201611c%c2%94%c2%a8final_rev

人のいないところで生まれ育ったのに、なぜか人に懐いている子が多いのです。

猫は「イエネコ」という品種の動物です。人間がいないと生きていけないことを、本能的に知っているんでしょうね。。。


これからも応援よろしくお願いします!
おひさまハウスへお立ち寄りの際は、ぜひ「オザキクロ」の募金箱にチャリ〜ン(ピラリ〜ン歓迎!!)とご遠慮なく(笑)投入してくださいませ=^o^=


おひさまハウスの玄関には「オザキクロ」という名前の募金箱型ネコがおります。

札を支えているのは、ヒデゴンさんが作ってくれたいっちゃん型カードホルダー。

donation

たまに来客が小銭を入れてくださるので、今日集計してみました。

 

2,689円

 

塵も積もれば山となる、っていうことわざは、タンスの裏だけではありませんね。

 

そして、先日イベントのチラシに掲載した「毛布とバスタオル募集」にもたくさんのご協力をいただき、敷き毛布とバスタオルでダンボール3箱分、ドッグフード1箱、他に、小型犬用のクレートと室内用トイレもいただきました。

 

本当は全部まとめて浪江町内のシェルターへ運んでもらう予定だったのですが、予定が延期になってしまったため、本日毛布1箱(寒いうちに!)とドッグフードだけクロネコさんから発送しました。

浪江町はまだ全体が居住制限区域で、道路は開通していますが人が住めません。それでもクロネコさんだけ荷物をちゃんと届けてくださるそうです。

荷物の写真を撮り忘れたのが大失態でしたOrz

 

というわけで、領収書だけ。

送料2,408円を募金から出させていただきました。

receipt

物資と募金のご協力をくださったみなさま、ありがとうございました!

おひさまハウスでは、玄関にこんな募金箱を置いております。

ま、一目瞭然、猫様用募金なのですが、「福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト」に募金する目的で置いたまま、放ったらかしにしていました(>.<)

 

募金箱

先日、オザキクロ(白い猫型募金箱)をのぞいてみたら、千円札が2枚も入ってまして、他に小銭もたくさんあったので、シェルターで柔らかいご飯しか食べられない子たちのためにご飯を買って寄付してまいりました。

ちなみに、いっちゃん型クリップはヒデゴンさんの作品です。

 

募金額合計:¥4,845(2012年ごろから2014年末まで)

寄付物資:キャットフード(12/7 1,842円、12/20 4,527円)

差額は自己負担です。

 

レッスンやイベントでいらした方が少しずつ入れてくださったお金で、口内炎などのため普通のドライフードが食べられない子に介護食やおやつスープを買ってあげることができました。ご協力ありがとうございました。

 

なお、今後、募金箱に入れていただいたお金でキャットフードを調達し、飯舘村や浪江町での給餌活動に寄付させていただきます。

浪江給餌こちらは、昨年10月に、浪江町内帰宅困難区域に一時帰宅する被災者の方に同行させていただいて、給餌してきたときの様子です。

右側の納屋の隣にえさ箱があり、ここに猫たち(や他の動物)が食事にやってきます。こういうえさ箱が避難地域に数十個設置されており、また、これ以外にも定期的な給餌で残された動物たちの命をつないでいるボランティアの方がいます。

引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

なんと、南半球から帰国してもう4ヶ月近くが経ってしまいました。食べ物編をお待ちいただいてるみなさん、ごめんなさいm..m

来月アメリカへ行くまでには必ず(笑)。

 

東日本大震災・津波・原発事故関連のボランティアを2つもやっているものですから、1周年の3〜4月はイベント三昧、そして5〜6月はそのために遅れた仕事と、新規に発生した仕事でてんやわんやしております。

 

5月に発生した新規の仕事のひとつが出版翻訳。このところ英訳ばかりやっていて久しぶりの和訳出版ですが、自分で訳す時間はないので、おひさま翻訳チームの精鋭お二人に下訳をお願いし、6月に入ってからまとめ作業に入っています。

 

・・・が、全8章のうち、やっと1章終わったところ**; あと3週間で全部終わるんでしょうか。

 

いえ、終わりにするしかありません。11月の出版目指してがんばります。

 

というわけで、最近、レッスンがない時間帯は近くのネットカフェに引きこもり、電話とか猫とかご飯とかから完全に隔離されたお仕事体勢で臨んでいます。

 

これがね、なかなか快適&リーズナブルなんです。そして集中するので家でやるより何倍も進みます。

 

タイトルの「ネカフェ」 1つは「ネットカフェ」の略。

 

そして、もうひとつは「猫カフェ」

うちなんですけどね。お茶を飲みながら猫をめでる&なでるのが猫カフェなので、おひさまハウスは最近猫カフェ(ネカフェ)化している、というお話。

 

家で仕事をしていると、ふたりの娘たちが、やれ遊べだ、ご飯だ、なでなでだ、と代わる代わるに寄ってきます。

お姉ちゃんのルコちゃんは、去年12月にうちにやってきました



最近は1階の教室がすっかりお気に入りです。来る人来る人に「かわいい〜〜〜」と言われなでなでしてもらってご満悦(笑)。

すてきなお花までいただいちゃいました♪

レッスン中も教室にいることが多いので、いったい何カ国語理解してるんだろう、と思いますが、実はレッスンの間は爆睡してて、終わると起きて甘えます(~_~)

 

妹のヤマモモちゃんは、3月20 日にシェルターから引き取ってきました。

保護猫が増えてケージを空ける必要があり、シェルターに来てから半年経ってもケージから出られないシャイなニャンコだったヤマモモちゃんを社会復帰させよう!というプロジェクトだったのですが、5月くらいからお姉ちゃんと一緒に遊べるようになり(今も後ろで鬼ごっこしてますw)うちの子になることになりました。

 



仕事をしているとこのように足下にやってきて、メェメェ鳴きます(笑)。

特技は羊と蛙と鴨とムクドリの鳴きまね=^^=

メェメェは主に「ご飯ちょうだい」、早朝のムクドリは「起きてご飯ちょうだい」(笑)、その他はよくわかりませんが、どうやって使い分けてるんでしょうね。

 

実は偶然ですが、ふたりとも福島県の浪江町末森というところで保護されました。

ふたりともマンソンという犬猫が蛙を食べるとお腹に入る寄生虫を持っていました。

震災後、っていうか原発事故後、人間が周りにいなくて餌も水ももらえない中、なんとか自力で生き延びて保護され、はるばる横浜で姉妹となったわけです。

ヤマモモちゃんは抱っこさせてくれなくて体重が計れませんが、ルコちゃんは保護時の2.6kgから4.2kgまで回復しました。(これ以上増えると・・・)

これからは家の中でぬくぬくと元気で暮らしていって欲しいものです。

色柄はそっくりですが、顔立ちと性格はま〜〜〜ったく違って、まるで私と妹のようでおかしいです。ヤマモモちゃんは、ルコちゃんのすることを何でも真似して怒られてますが、めげずに真似して、最近やっと一緒にやらせてもらえるようになりました。

数日前には初めて一緒に人間ベッドで寝ました。大進歩!

(手前がルコ、後ろがヤマモモ、右下はふたりがお気に入りのねずみさん)



というわけで、ダブルミーニングな「ネカフェ」の話でした。オチはありません。

 

 

 

 

 

個人的に猫シェルターでボランティアをしているのですが、冬になって弱っている猫がどんどん保護されるため、2カ所のシェルター、そして病気の子を預かってくださる動物愛護病院さんもパンク状態です。

元の飼い主さんが分かっている子も、避難先や仮設住宅で飼えない場合は預かっています。

そして何より、犬と猫の餌代や福島に餌置きに行くためのガソリン代etc.費用も必要です。

原発事故のせいで置き去りにされた動物たちが安心して春を迎えられるように、なにとぞご協力よろしくお願いします!

おひさまハウスに来たばかりのころのルコさん


シェルターに来たときは風邪と栄養失調で、毛はぼろぼろだし、ガリガリに痩せて、食欲もなく、本当に良く生きてるな〜という状態で毎日寝てばかりでした。たまに近くを通ると甘えた小さい声でにゃぁにゃぁ鳴いていました。

おひさまハウスに来て10日ほどで風邪はほとんど良くなりました。


元気になってくると、パソコンに乗ったり、膝に乗ったり、おもちゃで遊んだりする普通のニャンコになりました。

ところが。。。2週間経った日の夜中、トイレから飛び出してきたルコさんのお尻から、異様な物体が(T_T)
(写真省略**; 興味のある方はTwitterとFacebookにアップしてあります・・・)

マンソン裂頭条虫というサナダ虫の一種でした。この虫の幼虫が寄生しているカエルを食べた犬猫に寄生して成虫になる虫です。見た目は茹で過ぎたうどんみたいで、ものすごく長くて太いです。

病院で検便してもらうと卵もうようよ。駆虫の注射をしまして、お正月早々に再検査ですorz

風邪が治り、たくさん食べて体力もついたので、クリスマスイブにいよいよ不妊手術。1泊入院して帰って来たら、すごい食欲&べたべた甘ちゃんですが、お腹はまだ剃髪されてツルツルです。

マンソンが完全に駆虫できたら正式に里親探しが出来ます。うちでの療養ですっかり家猫になってしまったので、シェルターに戻すのが可哀想。。。できればうちから里親さんに直接お引き渡しできたらいいなぁ、と思います。

この通り、膝で爆睡してくれますよ(笑)。

☆☆☆2012年1月30日追記☆☆☆
風邪もお腹の虫も完治しまして、すっかり健康なネコになりました。とっても飼いやすい子ですが、いかがでしょう?(笑)

一番楽なポイントは、人間の食べ物にまったく興味を示しません。カリカリと水以外は何も要りませんし、食事のときテーブルに乗っても手を出しませんから病気の心配もありません。

保護されてすぐは2.6kgしかなかったルコさん、先日うちで計ったら3.8kgになっていました。
ちょっと中年太りのおばさんみたいな感じ(笑)。

でも遊びはますます活発になり、先日いただいたプレイキューブに夢中です=^^=


最初、お客さんがたくさんいたときは入らなかったんですが(何せ人が好きなので・・・)、お気に入りのネズミさんを中に入れたら突撃していきました^^

Twitter
Yoko 最新著書